多重債務者,自己破産者,債務整理

⇒多重債務をずっとひとりで悩んでいる方へ
債務整理専門の法律事務所に無料のメール相談ができます
 ・・・ >>詳しくはこちら


債務整理は各々の個人的技量や知識により差が生まれてくる事は現実問題として避けられません。より有利な交渉をしてくれる事務所を選び、自身の人生に妥協のないように最良の道を探す事こそ、失敗しない債務整理の第一歩です。


債務整理の正しい知識エントリー一覧

多重債務者の借金を解決する方法
多重債務者は、現在ますます増えています。全国で1,400万人もの方が消費者金融を利用しているのです。多くの消費者ローンなどから借金をして、返済が困難な多重債務者は全国で200万人以上もいるそうです。多重債務者の中には、厳しい取り立てなどによって、自殺するケースも少なくなく、大きな社会問題でもあるのです。多重債務があったとしても本人に意欲さえあれば解決する手段もありますし、現状から少しでも楽になる方法もありますので、あきらめず、まずはしっかりとした知識をつけていただきたいと思います。一般的に多重債...
多重債務者を救う!任意整理について
多重債務者は債務整理という方法を使って借金を返済しやすくし、少しでも早く多重債務から抜け出さなければなりません。債務整理をすると信用情報機関のブラックリストに情報が載ってしまいますが、完済すれば5年程度で消えますので、多重債務者の方はまず債務整理をすることです。債務整理の手続きを行なえば、債権者からの取り立てがなくなり、多重債務者の方の気持ちもずいぶん楽になるでしょう。ここでは債務整理のうちの「任意整理」を説明します。任意整理とは、公的機関(裁判所など)を利用せず、弁護士や司法書士などを通して、...
特定調停のメリットとデメリット
多重債務者の債務整理のうちの特定調停とは、裁判所の力を借りて行なう任意整理のことです。任意整理と違うところは、特定調停は多重債務者本人が裁判所に出向かなければならないことです。しかし費用はかなり安く、債権者からの協力を得られることもあります。また、利息制限法によって、債務額を再計算するので、支払い過ぎていた利息の分があれば元金へ当てられます。多重債務者の借り入れた期間が長いほど、債務の残高が少なくなって債務がなくなることもあります。ですが多重債務者の債務額が高かったり、極端に収入が少ない場合は、...
個人版民事再生法のメリット・デメリット
多重債務者の債務整理の1つ「個人版民事再生法」は、裁判所が認めた再生計画に基づいて、借金を圧縮し、原則3年間で返済をする手続です。個人版民事再生法を行なうには、複雑な手続きが必要ですので弁護士・司法書士などの法律の専門家に頼みましょう。では多重債務者が個人版民事再生法を行なうメリットを見ていきます。<メリット>・自己破産のような免責不許可事由がない。・自己破産のように仕事に関して制限がない。・債務総額を大幅に圧縮できる。・住宅ローン特則を利用して、自宅を手放さずに、住み続けられます。・手続きが始...
債務整理の比較
多重債務者などが行なう債務整理とは、法律により、借金を整理する方法のことです。法律的に借金を消滅させて、債務者の生活を再生させるのが自己破産です。■任意生理利息制限法で制定された利息まで減らされた金額を、原則3年間で毎月支払っていき、完済させるのが「任意整理」です。■個人民事再生マイホームを持っている場合など、住宅を処分せず、大幅に減額された金額を、原則3年間で月々支払うのが「個人民事再生」です。ただ、借金の状況によってどれが最も有利なのか、はっきり判断できないと思います。■自己破産自己破産は、...