多重債務者,自己破産者,債務整理

⇒多重債務をずっとひとりで悩んでいる方へ
債務整理専門の法律事務所に無料のメール相談ができます
 ・・・ >>詳しくはこちら


債務整理は各々の個人的技量や知識により差が生まれてくる事は現実問題として避けられません。より有利な交渉をしてくれる事務所を選び、自身の人生に妥協のないように最良の道を探す事こそ、失敗しない債務整理の第一歩です。


ブラックリストとは?

 

カード会社の多くは、顧客の借り入れ情報を、まとめて管理するシステムに登録しています。
そこには、顧客の氏名や住所といった基本的な情報から、借り入れの状況、
支払いを延滞しているか、また延滞の事実の有無が登録されるのです。

 

要するに、ある1つのカード会社で支払いを延滞したら、
他の会社でもその事実がわかってしまうのです。

 

 

そのため多重債務者の方が、他のカード会社で借金を支払おうとしても、断られたりするのです。
また低めに限度額を設定したり、新しくカードを作ることをできなくしたりします。
これが「ブラックリストに載る」ということです。
金融会社のシステムに、顧客の支払い状況が登録されるという意味です。

 

 

また、カード会社の顧客に関する情報を、一括管理する会社を「個人信用情報機関」と言います。
その代表的なものは、「(株)シーシービー」、「(株)シー・アイ・シー」、「(株)テラネット」です。

 

「ブラックリスト」に登録されると、カードの契約を終了しても、
その後の5年間は、延滞などの支払いに関する情報が全部登録されます。
そのため、その期間はカードが作れない、ローンが組めないなどの状況が起こるのです。

 

また、債務整理を弁護士に依頼した場合も、このブラックリストに載ります。

 

ブラックリストとは? 関連記事